企業法務課が増えているのはなぜ?

非常にうまく経営しているように見えていた企業だったのに、ある日突然大きなトラブルがあり大々的なニュースとなっていた、こういう事が最近多くなっています。
例えば従業員が残業代の未払いを求めて訴訟を起こしたり、就業規則に記載されていることや雇用の際に説明を受けたことが全く守られていないという事で、メディアなどにリークしてしまったり……こうした内部の問題が外部に大きく報道されるのは、経営していく上で大きなマイナスとなります。

契約書の内容がしっかりした者でないと、取引先とのトラブルも生まれます。
こうした諸問題を解決するために、顧問弁護士などを利用し、未然に問題を解決するように動くのですが、最近大手企業は、顧問弁護士プラス企業法務を内部に設け、トラブル対応、またリスク回避に積極的です。
なぜ、企業法務という課を設ける必要があるのか、顧問弁護士がいれば十分ではないか?という声もありますが、多くの企業が企業法務課を内部におくことを進めています。

企業内の問題に対応したり、問題が起こる前に未然に対応するなど、確かに法務について専門的知識を持っている人材がいることが魅力的かもしれませんが、資格者や経験者を募集して新たに課を設けてまで企業内の法務を整えていくのはなぜなのでしょう。

当サイトは最近注目されている企業法務について、大手企業ほど企業法務を内部に設けるのはなぜなのか、調べてみました。
そこには企業を取り巻く環境の変化、またトラブルの対応を迅速に行う事の重要性が垣間見えます。
当サイトが企業法務の業務内容の把握、また必要性などを知るサイトとなれば幸いです。



<注目サイト>
従業員や取引先とのトラブルなど企業法務について相談が可能な顧問弁護士サービスです >>> 顧問弁護士